登り方の基本

  • HOME »
  • 登り方の基本

基本は「右手右足」の法則

登る際の大原則は「伸ばす手と同じ方向の足をあげる」(右手右足の法則)ことです。

伸ばしたい手と同じ方向の足をあげると、その足は自然と曲がることになります。この曲った足に体の重心が移動するので、体が安定した状態で手を伸ばすことができるというわけです。

https://www.youtube.com/watch?v=jbIDnMmSLsc

逆に、足が伸びているのと同じ方向の手を伸ばそうとすると、曲げたままの反対側の足に重心が残ったままなので、そこを中心に体が回転してしまい落ちてしまうのです。

腕の力ではなく、むしろ脚の力で登るのだという意識で、常に足の位置を決めてから登るというイメージを持ちましょう。




PAGETOP
Copyright © ボルダリングWEB All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.